ゴルフはスコットランドが発祥と思われている方が多いのではないでしょか。しかし、オランダ、イギリス、フランス、イタリア、中国などで行われていた、いにしえのゲームがゴルフの原点・原型だという様々な説もあります。

ゴルフをしていたのではないかと見える古い絵画が ヨーロッパの各地にあるのもこれまた事実。歴史家の中には 古代ローマ帝国時代に 先の曲がったスティックで 羽毛を皮で包んだボールを打って遊んだ paganica と呼ばれたゲームが ゴルフの起源で、それが ローマ帝国の勢力拡大と共に (紀元前に) ヨーロッパの各地に広がったと言う説もあります。

また、中国では 8世紀から 12世紀に 「捶丸」(ツイワン)と呼ばれる球技が行われており、これがゴルフの原型に当たるとか、12世紀に現在のセントアンドルーズ・オールドコースで、石を野ウサギの巣穴に入れて遊んでいた牧童たちの遊びが、ゴルフの原型だとも言われています。
column4
そんな中、コルフというオランダ発祥のボールスポーツが現在のゴルフに近く、それがスコットランドに 渡り 多くの人によってプレーされるようになったのが、ゴルフの起源であるとする説が最も有力視されています。

このコルフ、オランダで12世紀に行われていた時には、各ホールの距離が1000ヤードもあるホール4つでプレーをしていたという記録があります。当時は 羽毛を中に詰めた皮製のボールを使ってプレーをしていたとか。名称も spel metten kolve(または kolven)と呼ばれており、その後、それが kolf(コルフ) と呼ばれるようになったと言われています。

このように、様々な説はあっても定説はありません。ただ、もしかしたら紀元前から行われていた気の遠くなるような長い歴史を持つスポーツが、ゴルフということになります。

その末裔が、我々とうことも言えるのではないでしょうか。