2020年東京オリンピック、パラリンピックの会場問題が、築地市場の移転問題と共にクローズアップされています。費用の無駄使いはもちろん、将来の活用が、見直しの大きなテーマになっています。

 そこで東京五輪のゴルフの会場です。霞が関CCでの開催が決定し、コース改造などの準備が着々と粛々と行われています。日本伝統のコースですから、五輪終了後も、メンバーシップの名門コースとして、今と変わらぬ、いや、五輪会場の箔がひとつ増えるわけですから、隆盛を極めた運営がしばらくは続くはずです。
 
しかし、日本のゴルフ界という見地で見たらどうでしょう。ゴルファーなら、オリンピックが開かれたコースで、一度はプレーしてみたいと思うのが自然ですが、霞が関では、多くのゴルファーにとってその願いは叶えずらいものになります。

名門がゆえのエントリー規制。平日も含め、メンバーの同伴がなければ、プレーが難しいのが霞が関です。

rio

 最近、全米オープンの会場にパブリックコースが選ばれるケースが増えて来ています。これは、USGAが「一般のゴルファーがプレーしやすいコースでナショナルオープンを開催し、開催後、多くの一般ゴルファーがその舞台でプレーできる環境を作りたい」という意向があるからと言われています。

 先のリオデジャネイロ五輪のゴルフ開催コースも、パブリックで、五輪終了後はティーグラウンドの新設やホールを改造し、一般ゴルファーがプレーしやすい環境を整えながら、五輪の雰囲気も感じられるコースにすると発表されています。

 これら、すべてゴルフの普及を視野に入れての方策です。

 日本の将来のゴルフを考えた場合、霞が関は果たして相応しい会場なのでしょうか。小池百合子東京都知事がJGAの会長になったとしたら、その答えは、間違いなくNO!のはずです。