当倶楽部で活発に行っているコース改造工事に、ニューベント芝へのグリーン草種の変更が有ります。
草種変更とは・・・と思われますので、簡単に紹介致します。

ニューベント芝は現在第四世代と言われています。
では、第一、第二、第三世代とどのように違うのでしょうか ?
基本的な事を確認すると、グリーンの芝草に要求されることは何なのでしょうか。

・均一のグリーンを形成
・転がりの良いグリーンを形成
更に
・葉が密であり、芽数が多く立った葉
・発色が良く、美しい緑
加えて
・耐暑性が高い品種であること
・耐乾性が高い品種であること
・耐病性が高い品種であること
・耐虫性が高い品種であること

ニューベント芝は、草丈が伸びにくく苅込回数が少なくて済みます。
水やりも少なくて済みます。
低刈もしやすくなります。ピッチマークの回復が早いのも特長です。
葉の密度が高いので雑草の侵入も少なくなります。
球の走り(グリーンの速度)も良くなります。
しかし、冬季のアントシアン発生等すべてが良い事ばかりでは有りません。

当倶楽部採用のシャーク芝は、カタビラ制御、ローメンテナンス、最強の耐暑性、横方向への旺盛な育成、
年間を通じての高い芝密度と緑度、速いグリーンの形成等々の特徴を持った芝草です。

松コースNo7 Aグリーン、富士コースNo6 Aグリーン、里コースNo4グリーンは、
コース改造によりシャーク芝100%のグリーン、他グリーンも毎年オーバーシードによる草種変換を続けております。
今後もよりクオリティの高いグリーンを目指し、改造・改良を続けて参ります。