暑い日が続くこの頃、ゴルファーの皆様は快適にプレーを楽しんでいますでしょうか。

これから夏へ向かうにつれて日差しがもっと強くなる為、熱中症や脱水症状など夏の病気に気を付けなくてはなりません。

ただ、いくら気をつけていてもしっかりとした対策をしなくては、気づかぬうちに熱中症になっていた、というケースが多発しております。

そこで、夏でも快適にゴルフをプレーするにはどうすればいいのか、という点にスポットを当てていくつか紹介していきたいと思います。

そんなの当たり前だろ、と思われるものもあると思いますが、最後までお付き合いして頂けるとありがたいです。

失敗しないゴルフウェアのマナーと着こなし術【コースデビュー】|フジ天城コラム

ファッション

夏にプレーする中で最も嫌だと思うのは、やはり大量の汗ではないでしょうか。

いくらクラブハウス内がクーラーで冷やされているとは言え、汗でびしょびしょになった服を着続けるのは抵抗があると思います。

そこで夏でも涼しくプレーする為の基本的なアドバイスを紹介します。

 1.インナーの着用

夏用として吸汗速乾性タイプのゴルフウェアが販売されておりますが、通常のポロシャツを着用する場合、インナーを重ね着するのをオススメします。

ストレッチ素材で動きやすく、通気性が高いものが殆どなので、重ね着していても涼しく感じられます。また直射日光を遮る事も出来ますので、日焼けをしたくないという方にもオススメです。

2.ハーフパンツでもOK

夏にロングパンツを履くのは嫌だという方は、ハーフパンツをオススメします。

しかし、ハーフパンツは肌が剥き出しになる為、ボールがロストしてしまった時、探しに行く際に藪などに入った時に怪我しやすく、蚊やブヨといった虫に刺されやすくなってしまいます。

そして、チェックインと会計の際は履き替えることが必要です。

【ユニクロだけじゃない】ゴルフで使えるおすすめ快適パンツと選び方|フジ天城コラム

3.紫外線対策には帽子!

夏の日差しから身を守る為、プレー中は帽子を被りましょう。

帽子は紫外線だけでなく頭部への衝撃を軽減する役割や、サンバイザーと違って日差しから頭皮を守ることが出来ます。

真夏日にはツバの大きい帽子を被り、紫外線対策をしっかりしてプレーに臨みましょう。また女性の場合は日傘を持っていくのもオススメです。

スコアに差が出るゴルフキャップの選び方と機能を紹介【熱中症対策】|フジ天城コラム

真夏日に必須なアイテム

涼しい恰好をしたしこれで大丈夫、という訳にはいきません。夏は装備だけでなく、持ち物の準備をしていないと大変な目に逢ってしまいます。

最低限必要なアイテムを準備してプレーに備えましょう!

1.ドリンクは多めに!

水分補給は必須、これはあたり前ですが、準備している飲み物が足らずに水分不足になってしまう事があり、脱水症状に繋がってしまうことがあります。

しかし、プレーの進行が遅れていたりすると売店に行く時間がない事があると思います。

出かける前に自分用の水筒など用意しておくと、途中で買ったりしなくて良いので便利です。

また用意できない場合は、コンビニで凍っているスポーツドリンクが売られていますので、凍ったものを二本と直ぐに飲めるように通常のものを一本買っておくと困らないかと思います。

2.日焼け止めと虫よけスプレーは超重要!

日に焼けると肌が痛くなって大変、そういう方は日焼け止めクリームを用意しておきましょう。特に日に焼きたくない部位には、汗で溶けないタイプのクリームが良いです。

そしてゴルフ場の多くは山の中、自然が多い場所には虫がいるのは必然、夏になると蚊やブヨが寄ってきます。と言うのも、蚊やブヨは汗や二酸化炭素に反応して寄ってきますので、夏のゴルフは虫とも戦わなければならないのです。

その為、刺されたくない人は敢えて袖や裾の長い服装にするか、虫よけスプレーを常備して虫を気にせずゴルフをプレー出来るようにしましょう。

刺された時の為に、キンカンなど塗り薬も持っておくのが良いです。

3.冷却グッズも忘れずに!

熱いと感じたら水分補給も大切ですが、快適にプレーする為には即座に体を冷やせる物があると便利だと思います。

冷却スプレーや氷嚢、最近では水に濡らして振り回すだけで冷えるタオルなんて物もありますので、冷却グッズを用いて熱中症にならないように気を付けましょう。

色々と大変な夏ですが、ゴルフはどんな季節でも楽しめるスポーツです。夏の暑さに負けないよう、ゴルファーの皆様も快適に涼しく、爽やかにプレーが出来ると良いですね。

早朝・薄暮プレーの魅力を比較~伊豆で早朝・薄暮プレーが楽しめるゴルフ場も紹介|フジ天城コラム