グリーン周りの技術でスコアは変わる

pexels-pixabay-274263

ピンに近づくほどに打数を重ねてしまう…ゴルフとは不思議なスポーツだとよく思います。

距離があれば「難しいホールだな」と思う一方で、ピンに近づいていくと、それはそれで難しい。これに共感してくださる方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムは、「ゴルフの練習」というと、何かとドライバーやユーティリティーを振り回して球を遠くに飛ばすのだ、とイメージを持っている方に是非読んで頂きたいと思います。

ティーショットでゴルフの腕前が炙り出される、なんてことは少ないが、ピンへの寄せでは自身のレベルをごまかすことは難しい。そう思いませんか?

ウェッジの種類

golf-284633_1280

まずはウェッジの種類をおさらいしましょう。

そもそもウェッジとはフルショットするクラブではありません。距離を合わせるためのクラブであることを念頭に確認しましょう。

PW(ピッチングウェッジ)

ロフト角度は44度~47度

ウェッジの中では最もフェースが立っていて飛距離が出ます。他のウェッジと比べて球が転がりやすいのも特徴です。
アイアンセットに付属していることが多いクラブです。

SW(サンドウェッジ)

ロフト角度は54度~58度

バンカーショットに使用されますね。バンカー以外の60~80ヤードの距離で、バンカー越えなどの確実に球を上げたいシチュエーションでも使用されます。深いラフからのショットなどでも使われます。

AW(アプローチウェッジ)

ロフト角度は48度~53度

PWと比較して、フェースがが開いているため、球が高く上がり着地後も転がりにくいのが特徴です。
初心者でも安定して球が高く上がりやすいクラブと言えるでしょう。

上記の他にも、50°、56°、58°、60°などというウェッジは程度が上記の幅の中に該当すると考えてください。
使用しているPWのロフト角から、4°~6°刻みで揃えると多様な打ち出しが可能になるでしょう。

ゴルフ100切りに大事な、バンカーショットの重要性とサンドウェッジの選び方|フジ天城コラム

バウンスについて

1021695_m

上記で「ロフト」という言葉を使ってクラブの機能を説明しましたが、バウンスという意味も押さえておきましょう。

バウンス角とは、地面と水平の面に対する下向きの角度のことで、要は数字が大きいほど出っ張りが大きい、と考えてください。

0~8°のバウンスは薄い芝などで活躍しますが、地面に刺さるリスクは増します。逆に10°以上のバウンスは地面に刺さりにくく滑ってくれるため、打ちやすいと言われています。初心者はバウンス角が小さくないものを選ぶほうが無難かもしれませんね。

ハイバウンス(10°以上)

  • 機能的にやさしく打てる
  • 多少ダフっても球は飛ぶ
  • フェースを開いて打つとトップしやすい

ローバウンス(~9°)

  • 意識的にボールを拾う打ち方ができる
  • フェースを開いて打つ
  • クラブが地面に刺さりやすい

初心者のみなさんはどうしてもロフトばかりを気にしてしまいがちですが、バウンスも考慮したウェッジ選びを覚えておいてください。

ゴルフのスイングが上達する素振りの方法【便利グッズでどこでも練習】|フジ天城コラム

ウェッジ上達のコツ

golf-83868_1280

最後になりますが、ウェッジを用いてスコアメイクを図る上で大事なことを記します。

PW(ピッチングウェッジ)上達のコツ

足幅は自然なオープンスタンスが良いと言われています。ハンドファーストで構え、アドレスで作った手首の角度を保ったままスイングすることを心掛けましょう。

インパクトの正確性を高めるために、ハーフスイングで芯を捉えることに留意する練習を繰り返し、その感覚をもとにフルスイングでも芯を捉えらるようになるのが上達の近道です。
ダウンスイングはクラブの重さを感じられるほどの、ゆったりとしたスピードで降ろしてくるのが方向性を安定させます。

AW(アプローチウェッジ)上達のコツ

ボールの位置は、高く上げたい場合は「真ん中」に、ランを出したい場合は「右寄り」にしてみてください。

短い距離を狙うには体重移動は必要ありませんから、力を抜いてコンパクトにスイングすることも大切です。
やはりハンドファーストに構え、ロフトを立てるとショットが安定してきます。左足体重を意識した、やはりハーフスイングからの練習を試してみてください。

SW(サンドウェッジ)上達のコツ

基本的なことですが、まずはグリップを短く握って、クラブの重さを感じつつ振ることを意識してください。
このクラブは重さゆえフルスイングには適していないことも知っておいてください。

バンカーショットの場合は、グリップの握りを緩めずに振り下ろします。他のウェッジが握りを軽くするのとは真逆です。
これはバンカーショットとは砂を打ち込むことになるのですが、強く握らないと砂の抵抗にクラブが負けてしまうことを防ぐためです。

以上、基本的なことでまとめてみましたが初心者のみなさんの参考に少しでもなれば幸いです。
ウェッジでスコアを上げて、さらにゴルフを楽しいものにしてください。

バンカーの打ち方が練習できるゴルフ場一覧【関東編】|フジ天城コラム