単刀直入に!!ゴルフウェアとして販売しているものはOKでしょ!!これでいいと思います!!現代ゴルフはそんな事迷わないが吉です。

昔、宮里藍プロが現役のころ“プロが着ているウェアは基本大丈夫”的なことを発言していた記憶があります。ですから迷う必要はありません。

“ゴルフウェアとして販売しているものはOK”

ゴルフ場のドレスコードとは?

ドレスコード

しかし、初心者が気をつけたいことがあります。ドレスコードです。

いくらファッション性に富んでいても、可愛くても、各々ゴルフ場にはドレスコードというものが存在します。例えば、高級レストランではスーツ着用や襟無し、サンダル禁止などありますよね?それと同じものです。

昔ほどの厳しさは無いとはいえブレザー着用(最近では夏季除く)、スパイク入場禁止、館内レストランではブレザー着用、プレーする服で入場禁止等々…厳格なゴルフ場のみならず現在でもこういうものは残っているので、初心者の方はまず、来場予定のあるゴルフ場のホームページで必ず確認しましょう。

いくらカジュアルのゴルフ場に行くといっても、スーパーに買い物気分でゴルフ場に行くと、プレーどころか門前払いを受ける可能性だってありますよ!

クラブハウス

ゴルフの常識は現代の一般生活での常識と少し違うので戸惑うかもしれません。

というか昔は常識だったのですが、ゴルフもそうですがスポーツ界全体が多種多様になり、一般大衆化の波が押し寄せてそういうものを崩してしまったのですね…これは良いことでもあり悪いことにもつながっているのです。

ですから皆さんの一般常識だけが頼りなのです。一般常識は時代によって変わるものです。変わらない方が逆に驚きます。

しかし、ルールは別です。ルールは普遍的なものです。そのルールの中でファッション、ブランド、カラー等々、自分の好きなように着こなし派手にやってください!大いに結構だと思いますよ!これが常識ということだと思います。

そう!それならば初心者でもゴルフのファッションで失敗はするわけがないのです!

失敗しないゴルフウェアのマナーと着こなし術【コースデビュー】|フジ天城コラム

時代に合わせてドレスコードも変化

ゴルフウェア (2)

先程、ゴルフ界もスポーツ界も多種多様になったと書きましたが、ゴルフ場のルールも緩和されて多くなりました。

Tシャツ短パン草履でもOKのゴルフ場から、襟付きハイネック禁止ブレザー・スーツ着用まで…、これだけ選択の範囲が広くなってくるともうあとはプレーヤーが自分にあったスタイルでゴルフ場にいくことです。

ゴルフ=紳士淑女という常識ではどうしようも通用しないのです。Tシャツ、短パンのゴルフ場にスーツで行ったことを想像して下さい。

そんな馬鹿な!!とゴルフ場からも思われてしまうかもしれません。まともと思われることをやった人のほうが異常に思われてしまうのですからたまったものではありませんよ…。

さあ、好きなゴルフ場にルールを守って常識を覆すようなファッションでお出かけしましょう!

これだけはおさえたいゴルフ場でのルールとマナー【初心者必見】|フジ天城コラム

ドレスコードの例を紹介

court-cook-SsIIw_MET0E-unsplashfujiamagi

ドレスコードを取り決めているのは、各会員制ゴルフ場に組織されている「エチケット委員会」「理事会」「フェローシップ委員会」が主で、それぞれが所属するゴルフ場の運営方針や会員の方々が日々快適にマナー良くプレーを出来るよう会員権の管理から新規会員の承認そして「ドレスコードの取り決め」を担っていることが多いです。

そこで、厳しいドレスコードを紹介します。

  • ひざ丈以外の長さのパンツ不可
  • ひざ丈の場合も細身は不可
  • 女性のキャミソール不可
  • 女性のノースリーブ不可
  • 短いパンツやスカートにレギンスの重ね着不可
  • デニム生地の衣類はパンツじゃなくても不可
  • クラブハウス内ジャケット着用
  • クラブハウス内携帯電話の使用禁止(ドレスコードではない)

最後にプレー時の基本を書いておきますので参考にどうぞ。

  • キャップ、サンバイザー着用
  • 襟付き・袖付きのシャツ
  • 男性はベルト着用
  • 男性:ロングパンツ、女性:短すぎないスカート、パンツ
  • ゴルフシューズ

皆で守って気持ちの良いラウンドをどうぞ!

【冬のゴルフを楽しむ】ウェアコーディネートと防寒アイディアグッズ その①|フジ天城コラム