ゴルフ界のキングといえば、アーノルド・パーマー氏

音楽界のキングと言えば、キング・オブ・ポップと呼ばれたマイケル・ジャクソン

日本のサッカー界、Jリーグのキングと言えばキング・カズこと静岡県出身の三浦和良選手。

ゴルフ界にも”キング”が存在しました。
キング・オブ・ゴルフと呼ばれゴルフがテレビ放映される時代の波に乗り、トーナメント会場にはアーニーズ・アーミーと呼ばれる追っかけファン集団が登場!
ツアー仲間からも愛され続けたアーノルド・パーマー氏は、ゴルフトーナメントをアメリカで一般大衆化した最初の人物と言っていいでしょう。

アメリカ大手のスポーツマネージメント会社「IMG」

スポーツ界では有名なマネージメント会社のIMG(International Management Group)は、今や日本でも良く知られるマネージメント会社ですが、創業者であるマーク・マコーマック氏はパーマー氏との出会いによってIMGを設立します。

マコーマック氏自身ゴルフが得意で、ツアープロを目指していました。
1958年にはU.Sオープンにも出場していますが、自分自身の限界を知り、法曹界に入ります。

仲間とマネージメント会社を設立、サイドビジネスを始め、パーマー氏と出会い、1958年にメジャー初優勝を飾ったパーマー氏の多忙ぶりを見たマコーマック氏は、パーマー氏に提案します。

日程調整や移動の手配などは第3者に任せ、ゴルフに専念するべきですよと。
そしてパーマー氏専属のエージェントの仕事が始まりました。

IMGを設立してからの最初のマネージメントは当時ビック3と呼ばれた、パーマー氏ジャック・二クラウス氏ゲーリー・プレーヤー氏の3名。

アメリカゴルフ界のマネージメントから始まったIMGは今や、海外の有名スポーツ選手だけではなく、日本のテニス界では錦織圭選手、ゴルフ界では松山英樹選手、浅田真央さんをはじめフィギアスケートの選手など、その他多くのスポーツ選手が所属しています。

IMGは、世界中でゴルフイベントを開催している

richard-stott-C7C8MpE3mfY-unsplash

スポーツ選手のマネージメントだけではなく、世界中でイベントや選手権などの主催・運営をして、ゴルフでは全英オープンの国際映像配信などを手掛けています。

先週行われたPGAツアーは、フロリダのベイヒルが会場のアーノルド・パーマー・インビテーショナル
パーマー氏がホストの招待試合で、通常のPGAツアーの出場枠より少ない120名による大会になります。

試合が行われるベイヒルクラブ&ロッジは1974年からパーマー氏所有のプライベートコースで、2016年9月にパーマー氏は他界し、パーマー氏から直接祝福を受けた最後の優勝者は、オーストラリアのジェイソン・デイ選手。

アーノルド・パーマー・インビテーショナルはPGAツアーでは特別の大会で、パーマー氏が他界した翌年の大会では、パーマー氏のお孫さんであるサム・サンダース選手の呼びかけで練習場に集まった選手たちが勢揃い、合図とともにパーマー氏のスイングを真似てボールを打つ追悼セレモニーや、選手たちが各々、キャディバックやキャップ、ウエアなどに傘マークを入れて哀悼の意を表します。

パーマー氏が最終18番ホールでホールアウトする選手を出迎えていましたが、他界した後は、愛用のキャディバックが選手を迎えています。

2020年のゴルフ世界ランキングはどうなる?

silhouette-of-man-playing-golf-during-sunset-33478(1)

今年はイングランドのティレル・ハットン選手がPGAツアー初勝利で大会を制し、名物となった赤いカーディガンに袖を通しました。

ハットン選手は特徴的なスイングでキャリア5勝目を挙げ、最新のゴルフ世界ランキングでは22位となり、直ぐ上の21位には松山英樹選手がいます。今年のベイヒルは今までにない難しさで、72ホールでのアンダーパーの選手は4選手しかいませんでした。
松山選手も3日目に80を叩き、56位タイで終わっています。

ゴルフ世界ランキング1位に返り咲いたローリー・マキロイ選手は5位タイ、マキロイ選手と入れ替わりとなったブルックス・ケプカ選手は47位タイで試合を終えました。

現在ゴルフ世界ランキング1位のマキロイ選手は、2012年にも1位となり、1位保持期間が95週で保持期間記録の4位となっています。
ダントツ1位はタイガー・ウッズ選手の683週です。

日本人選手のゴルフ世界ランキング最上位は松山選手が2017年に記録した2位、中嶋常幸選手の4位、尾崎将司選手の5位、青木功選手の8位となっています。

女子の世界ランキングであるロレックス女子ゴルフ世界ランキングでは2010年に宮里藍選手が1位に輝いています。

現在のランキングでは、畑岡奈紗選手が5位でトップ10入り、渋野日向子選手が12位、鈴木愛選手が14位となります。

東京オリンピックを控え、ゴルフ世界ランキングは重要なランキングとなりますので、今後も注目していきます。