日本のゴルフファッションの歴史

man-1703972_1280

一昔前までは、ゴルフはおじさんのスポーツでゴルフウェアはカッコ悪い!と言われてました。
ゴルフをするために、ゴルフ場で着用するのがゴルフウェアとのイメージが長い間続いて、ゴルフメーカーのポロシャツはタウンウェアとは言い難かったでしょう。
今ではどうでしょうか?!読者の皆様は、一般的なゴルフウェアで休日に街中で歩けますでしょうか?!

ゴルフウェアも一般的なファッションと同じように流行や仕掛けがあります。
特にその時代に、人気を博しているトーナメントで活躍するプロが身に付ける服装が注目を浴びることになり流行となることが多いでしょう。

1980年代から1990年代の日本のゴルフ界では、ジャンボ尾崎プロ、尾崎3兄弟が活躍している時代で、男性ゴルファーに多大な影響を与えていました。
尾崎3兄弟それぞれ個性がありましたが、上着は色が派手で大柄の模様、パンツはタック入りでジャンボ尾崎プロは3タックといういでたちでした。時代を感じさせるファッションでしょう。

女子プロゴルファーとタイガーウッズの影響

tiger-woods-79694_1280

女子プロでファッションアイコンとなった最初の人物は、1970年代に日本のテレビCMにも登場したローラ・ボーさんでしょう。
ミニスカート姿が眩しく、その容姿からグリーンの妖精と呼ばれていました。
女子ゴルフのファッションは、ミニスカートからパンツルック、そして現在ではタイトなショートパンツ・ミニスカートが主流となっています。

1990年後半から2000年代では、タイガー・ウッズ選手の登場によりぶかぶかな着こなしから、よりスタイリッシュに変わってきました。
それまでのスポーツメーカーは、ポロシャツの場合であればテニス向けの物が殆どで、ゴルフウェアには力を入れていませんでした。
ウッズ選手のナイキとの大型契約により、ナイキが本格的にゴルフウェアに参入し、アディダスなど他の海外大手ブランドも競うようにゴルフウェアに力を入れます。
生地もコットンが主流だったのが、機能性素材が主流となり伸縮性や発汗性に優れたウェアが次々と発表されるようになりました。

若いプロゴルファーの活躍によりゴルフウェアの取り巻く環境が変化して、ラルフローレンビームスなどのファッションブランドも次々にゴルフウェアに参入。
日本で人気のパーリーゲイツの創業は1989年、創業者である仙座氏はゴルフを始めようと思って、ゴルフウェアというジャンルで自分が着たいと思うウェアがまったくなかったことがブランドを立ち上げたきっかけと語っています。
キャロウェイアパレルも手がけてきた、仙座氏は現在のファッショナブルなゴルフウェアとなる礎を築いてきた人物と言えるでしょう。

【ゴルフ用品】ゴルフクラブの選び方のコツとブランドイメージを比較

ゴルフウェアの着こなし術

golfer-2093095_1280

基本的には定番化しているゴルフウェアですが、失敗しないゴルフウェア選びと着こなしはどうすればいいでしょうか。
ゴルフウェアだけではなく、何か浮いてしまっている、服に着られている、カッコ悪い、ダサいと言われないためには共通なおさえるポイントがあります。

人にはそれぞれ似合うカラーがある、季節に合うカラーがあることを理解することです。
ファッションのカラーは発信元が決まっていて、その年の流行色を意図的に作り出します。
流行の色だからと短絡的な決め方をしてしまえば、似合うカラーならいいですが、似合わないカラーであれば着こなすことは無理でしょう。

それに加え季節にアンマッチなカラー、冬であればダーク系が無難でパステルカラーのウェアを着れば浮くこと間違いありません。
夏であれば、半袖のポロシャツにパンツルックですからそんなに難しくはないですが、重ね着が必要な季節となれば動きやすさも考慮に入れて何と何を組み合わせれば
いいのか?1枚脱いだときにどう見えるか?なども考えながら選びたいところです。

D_hBj8hUcAIRvmS

浮いてしまっている人にありがちなのが、色に統一感がないことです。
ファッションに拘る人であれば、シューズは大事なファッションアイテムとなります。もちろん靴下も重要です。
着ている服の色にシューズの色がまったくあっていなければお話になりませんので、無難なシューズカラーは単色の白か黒であれば間違いないでしょう。

自分に似合うカラーを理解すれば、いつも同じ色のウェアであっても似合わないカラーよりよっぽど良いです。
後は、だらしなくないことで、ジーンズであれば上着であるTシャツなどをパンツの中に入れないのが着こなしとして普通ですが、ゴルフウェアの場合はカッコいいベルトを着用し見せるのが基本で、パッティングの際にも邪魔になりません。

ゴルフウエアは見た目だけではなく、やはりゴルフをするときに着用する事を前提に作られていますので、機能的でスイングするときに邪魔にならないことが1番。
デザインが良くなり、一昔前と比べると素材などの進化により冬の寒いときでも、変に重ね着しなくても快適にプレー出来る様になっています。
着こなしが決まれば、その日の気分が高まりスコアアップ間違いなし!?