フジ天城ゴルフ倶楽部のオープンコンペは賞品がすごい!

D_g808hUwAAd1Ow

ゴルフ人口は高齢化に伴い、右肩下がりとなっていますが、ゴルフ場に足を運ぶ人口が少なくなるほどゴルフ場によって来場者に差が出てくるのが現実となっています。

そのような環境の中で、人気のあるゴルフ場は、今も昔もコンペに力を入れているゴルフ場です。

フジ天城ゴルフ倶楽部では、毎月開催されるフジ天城オープンはじめ、タイトリストオープン、女性のみが参加出来るレディースカップ、毎年7月に開催される大型コンペのMKK杯、11月に開催される開場記念杯があります。

【第5回レディスカップ】女性ゴルファーのための特別なオープンコンペを開催

お蔭様で年々知名度が上がり、各コンペともにキャンセル待ちが発生するほどのご予約を頂いています。

今年は更にパワーアップして、オープンコンペの回数を増やし、ご来場の皆様に人気の出るコンペを育てていくことで、ご参加される皆様には還元できるとの強い思いで取り組んでいきます。

コンペは人気が出て、ご参加のお客様が増えれば増えるほど、賞品も豪華になりますし、フジ天城では次なるステージを設けていますので、皆様と一緒に盛り上がることがスタッフ一同の喜びとなります。

フジ天城ゴルフ倶楽部オープンコンペ情報はこちら

フジ天城ゴルフ倶楽部のグランドチャンピオン大会の目玉商品は…

オープンコンペにご参加頂き、入賞された皆様が目指すその先は、翌年1月に行われるグランドチャンピオン大会に出場すること。

そしてグランドチャンピオン大会の目玉は、国内2泊3日ゴルフプレーご招待旅行。

今までは沖縄と宮崎にご招待しており、名門コースへの2日間のプレーだけではなく、地元で人気がある料理店への夕食会を開催し、中身の濃い3日間をご体験されることを保証しております。

今年は2月25日(火)から27日(木)までの日程にて、宮崎へ2プレーご招待ゴルフ旅行へ出掛けました。

参加者は10名で総勢13名でのゴルフラウンドは、日頃プレーし慣れているフジ天城とはひと味もふた味も違うプレースタイルとゴルフ場でのプレーラウンドとなりました。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップが開催される宮崎カントリークラブ

_1130800

初日ラウンドしたのは、2003年から国内女子LPGAツアーの最終戦となるツアーチャンピオンシップリコーカップが開催される宮崎カントリークラブ

宮崎カントリークラブ http://www.miyazakicc.jp/

宮崎ブーゲンビリア空港から5分とアクセスが良く、今回成田から宮崎空港に到着、その足で宮崎カントリー倶楽部でのプレーとなりました。

宮崎カントリークラブの開場は1960年と、宮崎で最初に出来たコースとなり目がきつい高麗芝のワングリーンが特徴で、キャディさんのアドバイスがなければ簡単に3パットしてしまう難しさです。

プレースタイルはキャディ付の歩きで、全ホール非常にフラットなコースとなっていましたが、日頃から乗用カートに慣れてしまった参加者の皆様は、足に来たようで夜は宮崎で人気のマッサージ屋さんで疲れを癒されていました。

プレー後は、宮崎の地鶏を使った骨付きもも肉が人気の丸万焼鳥本店で、ウエルカムパーティーを開催し、大いに盛り上がり無事初日を終えました。

アクサレディスゴルフトーナメントのUMKカントリークラブ

_1130803

2日目は、2013年からLPGAツアーのアクサレディスゴルフトーナメントが開催されているUMKカントリークラブでのラウンドとなりました。

テレビ宮崎が運営するUMKカントリークラブは、宮崎カントリークラブとは対象的なコースで、ベントのワングリーンでバンカーが多くアメリカンタイプのコースとなっています。

UMKカントリークラブ

乗用カート利用のキャディ付でのラウンドとなり、トーナメントが3月末日開催予定となっていましたので18番グリーンには、ギャラリースタンドが設置されコースもトーナメント用に一部制限されていたりして、グリーンの仕上がり具合もいい感じでした。

フジ天城は山岳コースでアップダウンが多く、ある意味戦略的なコースですが、今回の2コースはシーサイドコースと丘陵コースとなり距離がありツリーラインとバンカーが効いているコースでした。


まとめ

今回参加された皆様にもご好評いただき、企画側も無事に2泊3日の旅行日程を終え、来年も更なる魅力あるご招待が出来る様に努めてまいります。

今年のオープンコンペは開催日を増やし、グランドチャンピオン大会への参加チャンスが増えますので、コラムをご覧の皆様も振るってご参加下さい。
お待ち申し上げます。

伊豆でゴルフをするならフジ天城ゴルフ倶楽部がおすすめな5つの理由|フジ天城コラム