冬のゴルフを楽しもう

気付けばすっかり日が短くなりました。冬がもうそこまで来ています。

コースも徐々にその色彩を変えていきます。緑だったフェアウェイは黄色を帯び、葉を落とす樹々は一層寒々しい冬のコースを演出します。

しかしながら、この秋冬シーズンのゴルフを好む方は少なくないように思います。極寒のゴルフとなると話は別ですが、冬独特のハリのある空気の中、白い息が時間の経過とともに薄らいでいく情景のゴルフもまた一興です。

ラウンド前のストレッチに留意し、冷えて硬くなっている体をほぐしてプレーすれば冬でもゴルフは十分に楽しめます。ぜひ、冬でも張り切ってゴルフ場に出かけましょう。

早朝・薄暮プレーの魅力を比較~伊豆で早朝・薄暮プレーが楽しめるゴルフ場も紹介|フジ天城コラム

「ファッション」という楽しみ


この投稿をInstagramで見る

フジ天城ゴルフ倶楽部 (@fujiamagigolf)がシェアした投稿

寒くなれば当然着込むものも増えていきます。すると、夏場のシャツとパンツという単一的な組み合わせとは違った冬ならではのコーディネートが生じます。これも冬ゴルフの大きな楽しみの一つではないでしょうか。

近年はゴルフファッションも多様性に富み、デザインや色遣いに趣向が凝らされたものが一般的になりました。自慢のファッションやアイテムでゴルフ場に繰り出すのを楽しみにしている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん見た目だけではなく、防寒や動きやすさなどの機能性も大いに意識したいところです。フジ天城ゴルフ倶楽部にもオシャレなゴルファーのみなさんが大勢いらっしゃいます。

失敗しないゴルフウェアのマナーと着こなし術【コースデビュー】|フジ天城コラム

冬ウェアのイロハ

名称未設定のデザイン(32)

一言に冬ウェアと言っても多岐に渡ります。常識的且つ簡単ではありますがご紹介します。

インナー

今や多くのゴルファーが愛用しているものと思います。薄手なのに寒さから体を守ってくれます。冬ゴルフの基本といってよいでしょう。
夏用、冬用とあるのでご注意ください。冬はパンツの下に着用するインナーも常備したいところです。

セーター

気温が一桁にならなければ、インナーに長袖シャツとセーターで十分です。動いているうちに体も温まってくるでしょう。
生地の薄手、厚手など微妙な差異もありますが好みで選んでよいと思います。摂氏10度を下回るとセーターの薄い厚いでは凡そ凌げなくなってくるからです。

ダウンジャケット

上記、気温が一桁になるとダウンジャケットの登場です。
今は廉価でも軽くて暖かいダウンジャケットが店頭に多く並んでいます。かさ張らないものがスイングにも支障がなく重宝します。

午後になって気温が上がり、ダウンジャケットを脱ぐこともあるでしょうからコンパクトに収納できるものがオススメです。スイングをスムーズにしたいためにダウンベストとブルゾンを組み合わせている方も多いですね。

ネックウォーマー

冬の風が吹くコンディションも少なくありません。首元を寒さから守るだけでも、体が寒さでこわばることなく快適にプレーができるでしょう。
やはり長い時間屋外に立つことに違いはありませんから、防寒対策グッズの一つとして携えるのがよいと思います。最近はオシャレで可愛いデザインのものも増えてきました。

ミトン

ミトンとは、親指以外の4本の指を同じ場所で温める手袋のことです。手袋なんて、と侮ることなかれ、指先がかじかんでは良いショットは打てません。

最近は赤外線を吸収して発熱する機能を持つミトンも登場しています。冬のゴルフをご存じの方であれば、間違いなくその必要性を理解して頂けるのではないでしょうか。

スコアに差が出るゴルフグローブとは~天然と合皮の違い【コスパ抜群】|フジ天城コラム

最後に

繰り返しますが、近年はゴルフウェアもカラフルでファッション性に優れたものが多く登場しています。単に機能性のみでなく、色合わせや着合わせなどのファッションという面から楽しめるのが冬のゴルフの特徴です。

ゴルフ場に行く楽しみは、スコアやクラブという本質的なもの以外にも、「お気に入りのゴルフウェア」を着ることにもあって自然だと思います。社交場として語られることも多いゴルフですから、ファッションに拘ってしかるべきです。

フジ天城ゴルフ場にもアパレルコーナーがあり、オシャレなウェアを用意しております。ぜひオシャレな勝負服でゴルフ場に繰り出してみてください。また違った楽しみを味わえると思います。

【冬のゴルフを楽しむ】ウェアコーディネートと防寒アイディアグッズ その②|フジ天城コラム

フジ天城プロショップ|施設案内