練習場で練習すればするほど下手になる?!

練習場での練習とコースラウンドの違いを実感しているゴルファーは多いと思います。前の日の練習は絶好調だったのに、当日コースラウンドしたら、OB連発なんてことを経験したことは誰でもあると思います。

他のスポーツは実践と練習では大きな違いはありませんが、ゴルフの難しい点は実践(ゴルフ場でのラウンドプレー)と練習場での打ちっぱなし練習は違うことです。まだ、ゴルフ場でのプレーを経験したことのない時期は違いなど判りませんから練習場で上手に打てれば素質があるかも?!と思ってしまいます。

ゴルフ練習場で上手に打てることがあっても、コースでは満足がいくショットなど殆どないと嘆くのはコースデビューして1年ぐらい経った頃でしょうか。そして、100をなかなか切れないアベレージゴルファーが陥るのはこの練習場では上手に打てて、コースで同じように打てない現象が壁となってきます。

ゴルフのスイングで大切なインパクトを見直す方法【スコアアップ】|フジ天城コラム

ゴルフ場とゴルフ練習場でのショットの違い

ゴルフ場でのショットゴルフ練習場でのショットは何が違うのでしょうか?!精神面と技術面の両面から検証してみましょう。

精神面の違い

精神面では、練習場のように上手に打てるまで打ち直すことが出来ないことから1球勝負に力が入ってしまうことです。
ミスショットをしたことによるなぜ??が頭の中をぐるぐると回り、次こそはとまたまた力が入ってしまいます。コース慣れしていないことから、他人に見られていたりショット以外のことを考えすぎてしまうことによるミスが精神面でのミスショットになります。

技術面の違い

技術面ではどうでしょうか。練習場では打席が決まって、練習し始めれば何球打っても景色は変わりません。打つ方向も大きく変わることがありません。

コースの違い

コースはどうでしょうか。毎ホール景色が変わります。打つ方向に距離が加わり判断材料が増えます
人の心理としてミスして練習を終えたくありませんから、同じクラブで何球でも納得できるまで練習場では打ってしまいます。

コースでは納得するしないに関係なく、狙った方向に、打ちたい距離を把握して、クラブ選択してショットを行います。その繰り返しが18ホール続きます。
ショットごとにクラブが変わるのが普通ですから、クラブの長さも変わればボールとの間隔も変わります。

練習場で1球ごとにクラブを変えて練習するゴルファーはあまり見かけません。ナイスショットを求めて練習するゴルファーが殆どだからでしょう。

1.5ラウンドが楽しめるゴルフ場3選【ゴルフ好きにはたまらない】|フジ天城コラム

練習場とゴルフ場では足場が違う

ゴルフ場に行けば一面緑の芝生で綺麗ですが、芝生ゴムマットの違いはゴルフスイング動作に影響を与えます。
練習場は平らなゴムマットで滑りにくく、芝生に比べ硬いです。地面が硬いとアドレス時に足には余分な力が入りにくく、足の蹴る力を利用してのショットが打ちやすくなります。

芝生の上はふわふわした感じを受けることもありますし、マットと比べ滑りやすく気付かない内に足に力が入ってしまいます。
そして、練習場ではできないのが傾斜でのショットです。アップヒルダウンヒル、つま先上がり下がりでは足に力を入れすぎてミスをするゴルファーがゴルフ場には溢れています。
練習場では、フィニッシュまで綺麗にスイングできるゴルファーが、ゴルフ場でショットすると足がうまく使えずに中途半端なフィニッシュになるゴルファーが多いです。

練習場では同じクラブでナイスショットが出るまで、ひたすら打ち続けるゴルファーが殆どですから、変化に対応できる練習はしていません。
景色を見て、風を感じてクラブを選択することもありません。ボールを打つ前に行う動作が実際にボールを打つ動作に影響を与えていることをあまり考えずに、ひたすらナイスショットを追い求めてしまいます。
イメージと一連の動作は精神面とも関係性があり、ショットを成功させる確率を上げるには必然で、練習場ではなかなか身に付きません。

ゴルフ練習場のご案内|フジ天城ゴルフ倶楽部

芝生と人工マットの違い

日本人のプロツアー選手が世界で通用しない理由として、環境の違いが良く取り上げられます。
日本の練習場はゴルフ場内の練習場より数が多いですが、直接芝生からフルスイングが出来る練習場は殆どないでしょう。

技術的な面で言えば、長いクラブは練習場とゴルフ場での違いは殆どありません。ドライバーはティアップしますから足場の感覚が違うだけでインパクトの感覚の違いはありません。フェアウェイウッドもラフからのショット以外はインパクトの感覚にそれほどの違いはありません。

アイアンに関してはクラブが短くなれば、感覚の違いが明確となってきます。上級者になればなるほどアプローチの技術に差が出る理由が、人工芝天然芝とのインパクトでの感覚の違いです。
アプローチを含めたコントロールショットの距離感やスピンコントロールは人工マットでどれだけ練習しても身に付きません。

ローハンディキャップのゴルファーは、練習場よりコースに出る機会が多い傾向にありますから、芝生の上から打つことで自然に違いが判ってきます。
フジ天城ゴルフ俱楽部では、当日コースをプレーするゴルファーなら、ビジター・メンバーに関わらず各コーススタートホールの練習グリーンでアプローチの練習が可能です。

メンバーになれば、営業時間中であればアプローチ練習場でアプローチもバンカーも好きなだけ練習出来ちゃいます。もちろんパターもコースのグリーンと同じ状態で練習できます。
スコアアップに欠かすことが出来ない小技を磨くには最適な環境と言えますので、本気で上達を目指すならフジ天城のメンバーになれば近道かも?!

新規正会員募集|フジ天城ゴルフ倶楽部