court-cook-f_wrjQL5-ZQ-unsplash

ゴルフは公平公正公共の上で成り立っているゴルフ規則中の規則3は競技の項目となっています。

規則の目的として
①マッチプレーかストロークプレーでプレーする。
②個人としてプレーするか、サイドの1人として共にプレーする。
③グロススコア(ハンディキャップストロークを適用しない)か、ネットスコア(ハンディキャップストロークを適用する)のいずれかでスコアをつける。
と記載されています。
競技をする上で上記の3項目のうち、いずれかが適用されるわけです。

ゴルフ規則は、公平、公正、公共は3つの公に則って作成されています。
ストロークであれ、マッチプレーであれ人によって上達度合いは異なりますから、ゴルフをプレーする上では、様々な工夫がなされています。
代表的なのがハンディキャップシステムであり、日本ゴルフ協会(JGA)が現在導入しているのが、J-sysと呼ばれるUSGAハンディキャップシステムに準拠したハンディキャップ管理となります。公式なアマチュア競技などに参加するには、JGA加盟倶楽部に入会するなどして、J-sysに会員登録してハンディキャップを取得する必要があります。

JGAがこの管理システムを導入する以前は、各倶楽部が倶楽部ハンディとして管理して、倶楽部競技やアマチュア選手権の出場条件などに適用していました。その他にも、誰でも公平、公正にプレーできるようにティグランドの位置であったり、スコアカードに記載されているホールハンディを利用してハンディによるパーを設定することが出来ます。

オープンコンペの特典はこんなにスゴイ!フジ天城ゴルフ倶楽部の人気のオープンコンペを紹介

コンペでのハンディキャップ

一般的なコンペで1番用いられるハンディキャップの算出方法は、ぺリア方式です。
ぺリア方式には3種類あり、算出方法として隠しホールと呼ばれる対象ホールの設定数によってハンディキャップが違ってきます。最もポピュラーなのが、ダブルぺリア(新ペリ)と呼ばれるハンディキャップ算出方式で、隠しホールを12ホール(各6ホール)で計算する方法です。

ペリアの名称は、アメリカのイリノイ州にあるぺオリア市で考案されたことからと言われています。
現在は、スコア入力がナビでの入力であったり、マスター室でスコアカードを提出して、スコア管理システムで打ち込み作業を行えば自動に算出されますが、まだ、パソコンなどがない時代は一人ひとり計算式で算出していました。

ハンディキャップ計算方法、ペリア方式と新ペリア方式の違い

設定方法は、ペリア方式では6ホールの隠しホールがパー24になるように設定し、新ペリア方式では12ホールの隠しホールがパー48になるように設定します。

算出方法は、ペリア方式が隠しホールでのスコアを3倍にして、プレーしたコースのパー(パーが71なのか72なのか)を引き、引いた数字の8掛けがハンディキャップとなります。
*計算例:パー72のコースでグロススコアが108となり、隠しホールスコア36の場合:36*3=108-72=36*0.8=28.8と算出されますので28.8がハンディキャップとなり、ネットスコアはグロススコアの108-28.8で79.2となります。

新ペリア方式では、対象の隠しホールがペリア方式の倍となり、倍率が1.5倍となります。良く適用するのが隠しホールの打数をダブルボギーカットなど制限したり、ハンディキャップを制限したりと開催するコンペによって工夫しています。

その他のハンディキャップ算出方法

ペリア方式は日本では常識ですが、海外では常識ではありません。海外でよく使われる方法は、キャロウェイ方式となります。
ティーチングプロであるライオネル・キャロウェイ氏の名前を取った算出方式ですが、1番悪かったホールのスコアをハンディキャップにしますが、査定表がありグロススコアによって悪いホールの数が異なるようになっています。

ゴルフはコンペだけではなく、複数のプレーヤーと楽しく競い合ったり、真剣に勝負したりと、様々な楽しみ方がありますが公平性が必要です。その上で1番公正な方法が、ハンディキャップシステムを利用することです。気心の知れた仲間内であれば、プライベートハンディを設定し競い合えばいいですし、オープンコンペであれば、ペリア方式で隠しホールを気にしながら廻るのも楽しみの1つとなります。

正式な競技にはJGA/USGAハンディキャップインデックスが有効となります。スポーツの中でもハンディハンディキャップシステムが確立されているゴルフは、老若男女問わず初心者から上級者まで一緒に楽しめる生涯スポーツといえるでしょう。

これだけはおさえたいゴルフ場でのルールとマナー【初心者必見】